マイホーム売却の流れ

マイホームを売ると言うのは本を古本屋で売るのとは、ワケが違います。労力と時間、そしていろいろな契約を行う必要になります。たくさんのやるべきことがあるのでいちど全体像を把握することで、不動産売却を理解できると思います。ここではマイホームの査定から引き渡しまで簡単に説明していきます。

 

 

マイホーム売却の流れ

マイホームの売却の全体の流れは以下のとおりです。かなり大雑把な流れですが全体像を把握しておくだけで売却活動がよく理解できると思います。

 

査定依頼

媒介契約

売り出し売却開始

売買契約

物件の引き渡し

 

 

査定依頼

査定依頼
まずはあなたのマイホームの適正価格を知る必要があります。実際に売却できる価格の目安がわからないとプランが立てられませんからね。適正価格を知るには不動産会社に査定を依頼するのが簡単です。ポイントは1社だけですと信憑性がないので必ず複数社に査定を依頼してその平均値を見やすにすると良いと思います。便利なのが不動産一括査定です。

 

 

媒介契約

媒介契約
不動産会社複数社に査定を依頼して査定額、提案力、担当者の質等を比較して信頼出来る不動産会社が見つかったら媒介契約を結びます。売却契約には「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類あります。それぞれ内容が異なりますのであなたの条件と合ったものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

マイホームの売り出し開始

マイホームの売り出し開始
売出価格を決定して次回契約も済んだらいよいよマイホームの売り出しを開始します。基本的に不動産会社に任せきりで大丈夫ですが、内覧に備えて部屋をきれいにしときましょう。
売却活動は、主にレインズや不動産ポータルサイトへの登録、ポスティングやチラシの配布です。

 

 

売買契約

売買契約
内覧をしてもらい購入意思のある方には、購入申込み書を書いてもらいます。そこで売買価格や瑕疵担保の有無、売買の細かい取り決めなどを決めます。同意後、売買契約を締結します。
契約時に、買い主から手付金の支払いを受けます。

 

 

買主への引き渡し

買主への引き渡し
売買契約に指定された日までに、不動産をきれいに明け渡せる状態にしておきます。不動産を引き渡す日に残りの代金を金融機関に振り込んでもらいます。家のカギと必要書類を買主に渡して引き渡しは完了します。

 

 

 

マイホーム売却の流れでよくある質問Q&A

マイホーム売却の流れでよくある質問Q&A

家がかなり古いのですが査定に出しても大丈夫?

全く問題ありません。不動産会社によっては更地にして売却した方がいいとか、買取プランを提示してくれたり色々とアドバイスがもらえます。まずは気にせず無料査定で依頼してみましょう。

 

売却するのに大体どのくらいかかるの?

一般的に3カ月間はかかると思って売却活動をしてください。不動産会社から出される査定額も3カ月間で売却できる価格が基本となっているところが多いです。もちろんあくまで目安の期間ですので、早いと即日で売却されることもありますし何年たっても売れ残ってしまう物件もあります。ただし適正価格をしっかり把握しその上価格を調整すればそれなりに目処はつきます。

 

不動産の売却代金はいつもらえるの?

買主と売買契約を結んだ時にまずは手付金として5〜10%位支払われます。その後引渡し時に残りの金額が支払われるのが一般的です。

 

 

マイホーム売却の流れのまとめ

マイホーム売却の流れのまとめ

マイホーム売却の一連の流れについて紹介してきました。マイホームの売却は行って見れば大きなイベントです。3ヶ月かかると覚悟しておいた方が良いでしょう。売却活動は色々とありますが1番重要なポイントは不動産会社選びです。不動産売却は良いパートナーである不動産会社探しで結果が決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

不動産会社と二人三脚で信頼関係を築きながら売却活動するのが結果的に高く早く売却できると思います。ですので不動産会社選びは妥協せず必ず複数社に査定依頼し徹底的に比較して決めましょう。不動産一括査定を利用すれば手間や時間をかけずに簡単に複数社に査定を依頼出せるのでとっても便利ですよ。

 

TOPへ