一般媒介と専属専任
家を売るとなると不動産会社に依頼するのが一般的です。そうなると不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、媒介契約には3種類あります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約です。それぞれメリットやデメリットがありますので特徴やお勧めを紹介します。

 

 

媒介契約とは

不動産売却における媒介契約とはわかりやすく言えば不動産会社に売主を探し来てもらい契約を結び引き渡しするところまで面倒みてもらうことです。不動産会社とわざわざ契約書を作るのは、具体的な仕事内容や仲介手数料の報酬など細かな取り決めを決め未然にトラブルを防ぐ意味がある契約です
不動産売却においてこの媒介契約はすごく重要な契約になりますのでしっかりと理解しておきましょう。

 

 

 

媒介契約の種類と特徴

 

媒介契約には一般媒介契約、専属媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があり特徴が異なります。わかりやすくまとめてみましたので以下のテーブル図を参考にして下さい。

 

契約の種類 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
他社への媒介依頼 X X
自己発見の直接契約 X
報告義務 義務なし 2週間に一回以上 1週間に1回以上
有効期間 無制限 3ヶ月 3ヶ月
レインズの登録義務 義務なし 7日以内に登録 5日以内に登録

 

※レインズとは?
「レインズ(指定流通機構)」は、不動産会社のネットワークです。このネットワークシステムにより、指定流通機構の会員である不動産会社間では、パソコンを用いて、リアルタイムでの不動産情報の交換が行なう事が可能です。

 

専任媒介契約

専任媒介契約は他の不動産会社に重ねて依頼することのできない契約なのが特徴です。一般媒介契約と比較して契約をとれば必ず利益が発生するので不動産会社が積極的に営業や広告費を投入してくれると期待できます。特段の事情がない限り当サイトでも専任媒介契約がお勧めです。初めての不動産売却ですと不動産知識や金融知識など難しい言葉が多いので不動産会社にサポートしてもらう必要があります。専任媒介契約ですとしっかりと親切にサポートしてもらえるでしょう。また不動産会社によっては買取保証サービスや瑕疵に関しての設備保証など独自の特典や保証がついてる場合があります。専任媒介契約ですとこれら特典がついてきます。

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約はほとんど専任媒介契約と同じです。違う点は、レインズに対しての登録期間と自己発見取引ができないという点、業務報告が1週間に1回以上送られてくると言う点だけです。自分の身内や親戚または知り合いに全く購入してくれる見込みがない方でしたら専属専任媒介契約でも良いかと思います。

 

一般媒介契約

一般媒介契約の特徴は複数の不動産会社に重ねて依頼することができる点です。複数の不動産会社と競合するので競争原理が生まれるとも言われますが、逆に他社に取られたら利益にならないので力を入れて営業してくれないとも言われてます。どちらのタイプの不動産会社もいると思うので正解は無いのですが、複数に依頼できるので気楽に依頼することが可能です。

 

一般媒介契約には明示型と非明示型があり、明示型とは、媒介契約時に、他の不動産会社にも重ねて媒介契約を締結していることを知らせる方法です。一方非明示型はその逆で他の不動産会社に明示する必要がないものです。売主は、基本的に明示型ですが非明示型も選べます。

 

 

 

一般媒介と専任媒介契約ならどっちを選ぶのがいい?

媒介契約はこのように3種類ありますがどれを選べばいいのか紹介したいと思います。基本的に特段の事情がない限り一般媒介契約を選ぶことを推奨します。理由は一緒に限定されてる分積極的に広告費を投入したり営業活動、またはサポートをしてくれるからです。一般媒介契約は、競争原理が生まれるとも言われますが実際は他者にとられてしまうとそれまでの販売経費や広告費が水の泡になってしまいます。リスクも大きいので実際のところは消極的な活動しかしてないのが現状だと思います。ですので特段の事情がない限りは一般媒介契約を推奨しています。

 

どのような場合に一般媒介契約が良いかと言うと都内の駅前など人気エリアです。何故かと言うとこれら人気のある一等地は特に営業をしなくても買主が現れるからです。まだまだ一緒に限定して営業活動をしなくても、複数の会社に一般媒介契約でお願いしてそれぞれの不動産会社が提携しているポータルサイトに登録してもらう方が早く買主が見つかる可能性があるからです。

 

  • 人気エリアの物件なら一般媒介契約
  • 一般的な物件なら専任媒介契約

 

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約について細かく特徴やオススメを紹介してきました。媒介契約は不動産を実際に売却を開始する重要な契約です。適当にやりとりして不動産会社の言いなりになるのではなくしっかりと、自分の意思で媒介契約もしくは専任契約を結びましょう。当サイトでは専任媒介契約をお勧めしているのですが、前提がありましてそれは信頼できる不動産会社を選んでいるということです。信頼できる不動産会社を選んでいるからこそ一社限定の専任媒介契約を結べるわけです。ですので不動産売却において重要なポイントは不動産会社選びで、信頼できる不動産会社を見つけることなのです。必ず複数社に査定を依頼して各不動産会社を徹底した比較して信頼できる不動産会社を探しましょう。

 

\お勧めの不動産一括査定サイト/

すまいValue

▼公式サイトはこちら▼

 

 

TOPへ